学生への進路支援

学生の進路指導は、クラス担任及び学生課で組織する就職指導委員会が中心となって行っている。即ち、進路指導年間計画に沿って求人情報の把握及び学生への進路指導に関する全般的な内容について協議し、個々の学生に応じた就職・進学支援に当たっている。 過去、3か年の就職状況に大きな変化はなく、幼児教育科、専攻科福祉専攻とも就職率は概ね95%以上を維持しており、しかも専門職への就職率も95%ほどで変わりない。こうして、幼児教育、福祉の専門家を目指した学生の多くが実際に専門職に就いていることで、本学 の使命を果たしていると考えている。
平成29年3月卒業生・修了生の進路状況は次の通りである。

卒業生・修了生の主な就職先は、こちらをご覧ください。