学科の特色

調理師科

[1年制課程]
卒業と同時に「調理師免許」
(国家試験免除)を取得できる最短コース


取得資格
●調理師免許(国家試験免除)
1年次
1年間で、日本料理・西洋料理・中国料理・集団調理に関する知識と技術の基礎・基本を学びます。
総合調理実習において調理施設や厨房設備・献立作成と調理、接客サービス、食卓の演出やクレーム対応など、飲食店の開業計画などを学びます。
卒業と同時に「調理師免許」(国家試験免除)を取得できるカリキュラムとなっています。
規定教科科目 計960時間
調理師科・
調理高度技術科
就職に有利なのは?
1年コースで調理に関する知識・技術の基礎・基本を学んだ人、2年コースで高度な調理技術や製菓の知識(和菓子・洋菓子)やフードサービスの知識など、多岐にわたって学んだ人など、就職先がどのような人材を求めているかによります。
学校でまじめに学ぶことが大事です。 あとは本人の努力次第と言えるでしょう。
調理高度技術科

[2年制課程]
時間をかけて、将来に役立つ
知識・技術を習得し、
卒業と同時に3つの資格を
取得できるコース

取得資格
●調理師免許(国家試験免除)
●専門士(文部科学省称号)
●食育インストラクター
1年次
日本料理・西洋料理・中国料理・集団調理に関する知識と技術の基礎・基本を学びます。
総合調理実習において調理施設や厨房設備・献立作成と調理、接客サービス、食卓の演出やクレーム対応など、飲食店の開業計画などを学びます。

規定教科科目+その他の科目 計840時間
2年次
時間をかけて、高度な日本料理・西洋料理・中国料理の実習に関して深く学びながら、製菓の知識(和菓子・洋菓子)やフードサービスの知識など、将来に役立つ知識・技術を習得します。
卒業と同時に「調理師免許」(国家試験免除)を取得し、さらに「専門士」の称号(文部科学省称号)も取得できます。
規定教科科目+その他の科目 計900時間

 


取得できる資格

● 調理師免許
食品や栄養、衛生に関する知識をもっていることを証明する国家資格

Q. 何に役立つ?
料理人としてもっともポピュラーな資格。免許取得が採用の条件の場合や、資格手当がつく場合もあり、調理師として働くときに有利です。
飲食店を開業するためには「食品衛生責任者」の資格が必要ですが、調理師は食品衛生責任者になるための講習が免除され、保健所に申請するだけで資格を取得できます。

Q. どうやったらとれる?
①2年以上の実務経験の後、国家試験に合格
②厚生労働大臣指定校を修了
【山形調理師専門学校では】卒業と同時に取得できます。

● 専門調理師・調理技能士(厚生労働大臣)
厚生労働省が実施する調理技術・技能評価試験に合格すると与えられる称号
Q. 何に役立つ?
調理師としての高度な技術が認められ、業界での評価向上、職場での待遇改善が期待できます。それに加え、調理師学校の教員資格も得られます。
Q. どうやったらとれる?
受験資格を満たし、学科試験・実務試験(西洋料理・日本料理・中国料理・麺料理・すし料理・給食用特殊料理)に合格
【受験資格】
①職業能力開発促進法に基づき、調理に関し普通課程の養成訓練を修了したもので、実務経験7年以上
②厚生労働大臣指定の調理師養成施設で1年以上調理に関する学科を修めて卒業した者で、実務経験7年以上
③実務経験8年以上の者
【山形調理師専門学校では】卒業すると取得に有利です。
実務経験が5年に短縮・学科試験が免除…調理高度技術科
実務経験が6年に短縮・学科試験が免除…調理師科

● 調理師養成施設助手
厚生労働省と全国調理師養成施設協会の連盟で交付される認定資格
Q. 何に役立つ?
調理師養成施設で調理実習の助手の仕事をすることができます。
Q. どうやったらとれる?
厚生労働大臣指定校の専門課程2年制修了後、助手資格認定適格審査に合格
【山形調理師専門学校では】卒業すれば助手資格認定適格審査の受験資格が得られます。

● 食育インストラクター資格
手に取った食材がどのように育てられ収穫されたか。また調理法によって変わる栄養素の事。食育は、健康な食生活をおくるために、食に関する知識を身につけようということです。
【山形調理師専門学校では】調理高度技術科生が受験できます。

● その他

■ 専門士(衛生専門課程)
生涯学習の成果を評価するために平成7年に創設された称号。文部科学大臣が認定した専門学校・学科の卒業者に付与されます。
【山形調理師専門学校では】調理高度技術科生が卒業と同時に取得できます。

■ 食品技術管理専門士
調理師養成施設で2年以上の専門課程を修了した者に交付される資格。調理だけでなく、食品全般の分野を扱う専門家として、全国調理師養成施設協会から登録証が交付されます。
【山形調理師専門学校では】卒業と同時に取得できます。




〒990-0054 山形県山形市六日町7-42
TEL.023-641-8345(代) FAX.023-641-8344