施設・教育環境

(1) 校地・校舎
校地面積が14,880㎡(約4,510坪)、校舎延べ面積が7,442㎡(約2,255坪)で、駐車場、グラウンド、テニスコートを設置している。春秋のスポーツ大会や課外活動で活用している。また、校舎は1階、2階、3階からなり、教室棟、講堂、体育館、コンピュータ室、カウンセラー室などがある。

(2) 学生ホール
学生の休息のための空間で、休憩や食事等、自由に活用している。清涼飲料水や軽食の自動販売機を設置している。近隣の福祉施設が弁当や軽食の販売を行っている。

(3) ピアノレッスン室
グランドピアノを2台ずつ備えたレッスン室が6室あり、個人ごとに指導が受けられる。また、ピアノ練習室が24室あり、自由に練習できるようになっている。

(4) 図書館
附属図書館は研究と教育の中心であり、大学のもうひとつの顔となっている。本学は優れた幼児教育者・社会福祉従事者の養成を目指し、幼児教育・福祉の専門書をはじめ、約61,000冊の蔵書を収容している。学生は頻繁に利用しており、貸出し冊数が全国平均を大きく上回っている。
研究施設もご覧ください。