平成28年度公開講座について

木という素材をたのしむ

木に触れて簡単なおもちゃをつくってみよう

 本学では、生涯学習機関として、地域住民や一般市民に対して学習の機会を提供し、地域社会の発展及び文化の向上に貢献するための公開講座を毎年実施しております。

 日本人の生活の周りには木がたくさんあります。

 森林や公園などに立っている木、家の柱、家具、お椀や箸などの生活道具、積み木などのおもちゃ‥。

 今回の公開講座では、普段とは違う木との、関わりを楽しんでもらえたらと考えております

★講師紹介

【講  師】

  • 花田 嘉雄(本学准教授)

★対象

一般市民

★日程及び内容・担当講師

日程 10月22日(土)
10:00

10:50

開講式

1.木のおもちゃについて
 日本の伝統的な玩具を中心に紹介します。

 
11:00

11:50

2.木材に触れてみよう
 さまざまな種類の木に触ったり、 香りを楽しんだりします。

11:50 昼食・休憩
12:40

15:00

3.木の手作りおもちゃをつくってみよう
 のこぎり、やすり、電動糸鋸、サンダー(電気やすり)などの木工道具を使って、「パズル」、「積み木」、「触って心地よい形」といった簡単な道具を手作りします。
 (木そのものの質感、色を尊重するために、着色はしません。)
 ※木材は金山杉を使用します。
 金山町の「たくみまさの」さんに協力してもらいました。

★申し込み等

  • * 定員は20名 定員になり次第締め切ります。
  • * 受講料(資料代を含む)は、1,000円です。
  • * 受講した方には、修了証書を差し上げます。
  • * 昼食は各自ご持参ください。
  • * 託児室を準備します
  •  (託児を希望される方は事前にご連絡ください)
  • * 動きやすい服装でご参加ください。

詳しい資料は、公開講座チラシ(PDF形式)を印刷し、ご覧ください。


PDFファイルでご覧になるには「Adobe Acrobat Reader」が必要です。
「Adobe AcrobatReader」は上のバナーをクリックして無料でダウンロードできます