羽陽学園について
学校法人羽陽学園は、「敬・実・和」を建学の精神として、
昭和35年に設立されました。
学園では、羽陽学園短期大学、短大附属幼稚園・保育園及び
山形調理師専門学校を次のように設置しています。
建学の精神

本学園の建学の精神は、「敬・実・和」の三つであります。
"敬"とは、 両親、先生、先輩など目上の方々を敬い、自分の行いをつつましくすることであります。
"実"とは、 自分に偽りなく、正直なこと、そして自分に実力をつけることであります。
      何事も真心をもって実行し、人に接することであります。
"和"とは、和らいだ、穏やかな心で人に接し、仲良くすることであります。
「真心をもって、他の人を敬愛し、和をはかる」


本学園の方針とその実現に向けた取り組みに御賛同・御支援をいただける方々からの御寄附のご協力をお願いいたします。
要綱等については上記バナーをクリックして下さい。


学校法人羽陽学園
教育活動支援 寄附金趣意書


皆様におかれましては、益々御清祥のこととお慶び申し上げます。
学校法人羽陽学園は、昭和35年3月に設立認可を受け、同年4月に鈴川幼稚園を開設し、学園の第一歩を標してから、現在、羽陽学園短期大学、同大学附属鈴川幼稚園、同たかだま幼稚園、同大宝幼稚園、同幼保連携型認定こども園 鈴川第二幼稚園・このみ保育園、及び山形調理師専門学校の6つの設置校を擁する県内有数の法人へと発展を遂げ、これまで、幾多の有為な人材を輩出してきました。
これもひとえに、皆様方の御支援と御協力の賜物と衷心より感謝申し上げる次第であります。
2020年には、羽陽学園並びに鈴川幼稚園が創立60周年を迎える運びとなりますが、学園を取り巻く環境は、少子化の進行など大変厳しい状況にあります。
このため、教職員が一丸となって、この困難な時代を乗り越え、学園の新たな歴史を創るため、建学の精神「敬・実・和」を基底に、大きく羽ばたいていく所存であります。
このような状況の中で、本学園各設置校で学んでいる学生・生徒・園児の一層実りのある将来を切り拓くために、より快適な施設設備等の環境整備や魅力ある教育活動の振興に取り組んでまいりたいと存じます。
つきましては、本学園の方針とその実現に向けた取り組みに御賛同・御支援をいただける方々からの御寄附を募ることとしたところであります。
なお、お受けいたしました寄附金の具体的な使途につきましては、厳正に審査・決定を行い、本学園の教育活動の支援に有意義に活用させていただきたいと存じます。
本学園に寄附をしてくださった方々には、税制上の優遇措置もありますので、卒園(卒業)生、保護者、教職員各位はじめ各界各層の皆様方の特段の御理解御協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

平成30年4月
学校法人羽陽学園
理事長 原田 恒男
TOPICS
入学や入園を希望される方などの見学は、随時受け付けております。
希望される方は、短大、学校、各幼稚園・保育園にお気軽にご連絡ください。

羽陽学園が設置している短大、学校及び幼稚園に兄弟姉妹が同時に入学したときなどは、学園の規程により次のような奨学費が支給されます。
詳しくは、短大、学校又は幼稚園にお尋ねください。
◎ 兄弟姉妹が同時に入学(入園)したときには、入学金(入園料)の一部が奨学費として支給されます。
◎ 兄弟姉妹が同時に在籍したときには、授業料の一部が奨学費として支給されます。

グループ紹介
社会福祉法人 羽陽の里
老人福祉法及び介護保険法の理念に基づき、利用者の立場に立ったサービスと個々のニーズに応じた質の高いサービスを提供し、地域住民の生活向上に寄与します。
羽陽学園短期大学の介護実習の受け入れ、たかだま幼稚園との交流を行っています。