幼稚園について

本園は、教員養成校である羽陽学園短期大学の附属園として、豊かな教材・質の高いカリキュラムを基礎とした教育活動を行っており、地域や保護者の皆さまから好評をいただいております。
「なかよく、ただしく、つよく、ほがらかに」を目標に、市内一広い園庭や園舎で元気いっぱい楽しく活動しています。ケヤキの木立が茂る、緑豊かで静かな環境にあり、敷地内では木登り、くるみ拾い、畑での野菜作り、指導者を招いてのサッカー教室や基礎体力づくり、冬には築山でのソリ滑りや雪上運動会など四季を通して、豊かな遊びや体験活動を行っています。
「考える力」を育てる知的な世界が広がる活動、毎日の絵本の読み聞かせなどを通して、先生・友だちとの「コミュニケーション力」を育て、これからの時代をたくましく生きる力を育むことを大切にしています。

理事長  原田恒男
園 長  渋間淳一

目指すこども像

心身ともに健康で 元気な明るい子ども
きまりを守り 進んでよいことをする子ども
よく見 よく聞き よく考える子ども
みんなと仲よく 伸び伸びと遊ぶ子ども
心ゆたかに すなおで がまん強い子ども

沿革

昭和35年4月 3学級86名で開園
昭和38年4月 園舎を増築、9学級372名の在籍となる
昭和48年4月 590名、16学級となる
昭和49年4月 第二幼稚園を分離開園
昭和55年11月 創立20周年記念式典を挙行
昭和58年4月 羽陽学園短期大学附属鈴川幼椎園と改称
昭和59年4月 白亜の近代的園舎が竣工落成
昭和61年12月 隣接地を買収し、3,942㎡の運動場が完成
平成2年6月 創立30周年記念式典を挙行
平成12年6月 創立40周年記念式典を挙行
平成14年8月 村山地区幼稚園教育課程研究協議会第4分科会発表園となる
平成16年6月 教育特区認定を受けたことにより、2歳児の入園が可能となる
平成19年9月 平成19年度教育研究等推進事業による表彰受賞
平成22年6月 創立50周年記念式典を挙行(園舎内全面改装)
平成27年10月 東北地区私立幼稚園教員研修大会において保育公開園となる
平成29年4月 子ども・子育て支援新制度における施設型給付を受ける幼稚園に移行