ごあいさつ

 本園では、先生や友だちとの『あそび』の中で様々な体験をします。また、『あそび』の中で、同年齢の友だち・年長の仲間・先生と関わることで、自我の発達が促されるように配慮しています。
 この時期の子どもにとって重要なことは、自分が抱く好奇心や探究心をふくらませて、発見する喜びを知り、満足感を得るということです。
 それが発想やことばの豊かさ、自分に自信を持ち、他者を認め尊ぶ温かい心も育みます。子ども一人ひとりの伸びようとする心を『あそび』を通して育てることを、なにより大切にしています。
 園庭の100mのトラック、ほか数々の遊具、野菜の栽培園での野菜作り、指導者を招いてのサッカー教室、音楽教室、英語教室、冬には築山でのそり滑り、運動会など四季を通して、ありのままの自然に接し、親しみ、たくましく生き生きと育ってほしいと願っています。

理事長  原田恒男
園 長  渡部和生

目指すこども像

みんなと仲良く、伸び伸びと遊ぶ子ども
きまりを守り 進んでよいことをする子ども
心身ともに健康で、元気な明るい子ども
よく見、よく聞き、よく考える子ども

沿革

昭和49年4月 7学級232名で開園
昭和58年4月 羽陽学園短期大学附属鈴川第二幼椎園と改称
昭和60年3月 第44回全国教育美術展において学校賞(県教育委員会賞)を受賞
平成2年3月 南側に園舎2室増築完成(きりん組・仲よし広場)
平成5年7月 県指定教育課程研究公開発表
平成9年12月 前年度に続き山形市「花と緑のコンクール」奨励賞受賞(14回目)
平成10年8月 園舎全面改修、暖房施設・機器交替、下水道工事水洗化完成
平成12年3月 「創造オリジナル木製遊具」設置
平成13年11月 県歯科医師会より「よい歯の幼稚園」最優秀賞受賞
平成16年6月 創立30周年の記念式典を挙行
教育特区認定を受けたことにより、2歳児の入園が可能となる
平成20年6月 仲よし広場改装、車庫改築
平成23年6月 幼稚園型認定こども園「鈴川このみ園」開設
平成25年4月 幼保連携型認定こども園鈴川第二幼稚園このみ保育園開園
同時に幼稚園型認定こども園「鈴川このみ園」廃止
幼稚園保育事業「このみ組」として併設
平成26年6月 創立40周年の記念式典を挙行、記念品親子すべり台を設置
平成27年4月 「羽陽学園短期大学附属幼稚園幼保連携型認定こども園
鈴川第二幼稚園・このみ保育園」に名称変更
「幼稚園保育事業このみ組」から
「小規模保育事業鈴川第二幼稚園このみ組」に変更