ごあいさつ

 いつも、登園の時にお母さんに甘えていた年少の子が、ゲームに負けて大きなべそをかいている子に「負けちゃったね。」と優しく声をかけていました。子どもは、日常の遊びの中で学びを積み重ね、確かな力をものにします。 わたしたちは、子どもたちの安全・安心な園生活はもちろんですが、子どもたちにとってたくさんの学びが詰まっている遊びを思う存分楽しむことができることを、また、子どもたちの意欲や行動力を高めることのできる関わりを、常日頃目指しています。二人以上の担任が1つの教室で保育にあたっているという利点を活用し、より個の伸びを大切にした保育を進めています。羽陽学園短期大学との連携や、同じ認定こども園鈴川第二幼稚園との交流を活かしながら、子どもたちの豊かで実りある活動を成立させるばかりではなく、保育者としての力量を高めることができるように日々努力しています。最大の理解者である保護者の方々と、子ども理解や課題解決について語り合いながら、一人一人の子が大きく成長するための取り組みを共に考え実践できる保育園でありたいと願っています。

理事長  原田恒男
園 長  椎名和美

目指すこども像

心身ともに健康で 元気な明るい子ども
きまりを守り 進んでよいことをする子ども
よく見 よく聞き よく考える子ども
みんなと仲よく 伸び伸びと遊ぶ子ども
心ゆたかに すなおで がまん強い子ども

沿革

平成25年4月 定員120名で開園
10月 このみ子育て支援センターを開設
平成27年4月 子ども・子育て支援新制度施行に伴い、幼保連携型認定こども園に移行
羽陽学園短期大学附属幼保連携型認定こども園 鈴川第二幼稚園・このみ保育園に名称変更