学修の評価等

学修の評価等

学修成果の評価の方針(アセスメント・ポリシー)
 羽陽学園短期大学では、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)、教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)、入学者選抜の方針(アドミッション・ポリシー)に基づき、機関レベル(短大)・教育課程レベル(学科・専攻科)・科目レベル(授業・科目)の3段階で学修成果を評価する方針を定めています。

機関レベル
 幼児教育・保育・福祉の専門性を持った職業人として社会で活躍できることをディプロマ・ポリシーとして掲げていますから、幼稚園教諭免許及び保育士資格の取得状況、介護福祉士国家試験の合格率、専門職への就職率など、卒業・修了時の状況から学修成果を評価します。

教育課程レベル
 幼児教育科及び専攻科、それぞれのカリキュラム・マップに示す学修成果に基づいて、3つのステップに分けて、(1)コミュニケーション能力、(2)自分で考え、実践できる能力、(3)フィードバック能力、(4)学び続け、成長し続ける能力の4つの能力について達成状況を評価します。幼児教育科では、学期ごとの卒業要件の達成状況(単位取得状況・GPA)に基づいて学修成果の達成状況を評価します。専攻科福祉専攻では、介護福祉士養成施設協会主催の学力評価試験を通して専門的な能力について客観的な評価も併用します。

科目レベル
 教員は、授業科目ごとにシラバスに記載された評価方法に則り厳正に到達目標の達成度を評価します。評価方法については、複数の観点とそれぞれの重みづけを公開し、厳格かつ公正に評価します。
 
 
1.学修の成果に係る評価
(1)評価の方法
筆記試験、実技試験、レポート、発表、作品制作、出席等を含めた多様な方法による。
(2)評価の結果
「(1)評価の方法」によって総合的に評価した結果、90点以上は「秀」、80点以上90点未満は「優」、70点以上80点未満は「良」、60点以上70点未満は「可」、60点未満は「不可」と認定される。

2.幼児教育科
(1)卒業認定の基準
幼児教育科を卒業するためには、2年以上在学し、教育課程表の中で、基礎教養科目10単位、専門科目52単位、合計62単位以上を修得すること。
(2)単位認定(取得)の要件
授業実施回数の3分の2以上出席すること。
履修すべき全ての科目において「秀」、「優」、「良」または「可」の認定を受けること。
(3)取得学位
短期大学士(幼児教育学)

3.専攻科福祉専攻
(1)修了認定の基準
専攻科福祉専攻を修了するためには、学生は1年以上在学し、51単位以上を修得すること。
(2)単位認定(取得)の要件
授業実施回数の3分の2以上出席すること。
履修すべき全ての科目において「秀」、「優」、「良」または「可」の認定を受けること。
なお、介護実習の出席時間数が指定規則に定める時間数の5分の4に満たない者、及び介護実習を除くその他の科目の出席時間数が指定規則に定める時間数の3分の2に満たない者については、当該科目の履修を認定しない。

4.学位授与数(平成29年度)

学科 学位の種類 専攻分野 授与数
幼児教育科 短期大学士 幼児教育学 107
➡保護者の方
 →施設案内
 →授業料
 →奨学金

➡地域の方
 →公開講座
 →講習会
 →羽陽祭