建学の精神

本学の建学の精神は、「敬、実、和」である。敬とは、目上の方々を敬い、自分の行いを慎ましくすること。実とは、偽りがなく正直なこと、そして、実力をつけること、何事も真心をもって実行すること。和とは、穏やかな和らいだ心で人に接し、仲良くすることである。  こうした建学の精神に基づき、本学独自の教育理念として、「他者理解を通して自己理解と自己改革を行い、社会活動に積極的に参加しながら、生涯にわたる自己実現を行い得る人間性豊かな人材の育成」を掲げている。この教育理念は、卒業生の多くが、乳幼児、障害者、高齢者など社会的弱者に関わる仕事に就くことと無関係ではない。こうした人たちに接し理解しようとすると、結局は、教育者や介護者自身の行為を反省し、内省的に自己を見つめる作業を促し、それを通して新たな教育や介護方法などを生み出していくフィードバックシステムの形成を要求されるからである。