専攻科福祉専攻



人の深さが見えてくる
福祉の中心的な役割を担う“ 介護福祉士”
「住んでいてよかった」と思える社会を創っていく原動力は、幾つかあります。
その一つは、急速に進む高齢社会のさまざまな問題に取り組むことにあります。
この社会的責務を果たすために、本学では、幼児教育科を幼児教育コースと福祉コースの二つに分け、さらに平成2年度から修業年限1年の「専攻科福祉専攻」課程を開設しました。
この「専攻科福祉専攻」課程を修了すると「介護福祉士」の国家試験受験資格及び、その他の社会福祉の資格が与えられ、各種施設における介護業務に携わるのをはじめ、将来は、福祉マン・パワーの中心的な役割を担うものと、期待されています。

専攻科福祉専攻への進学について
● 専攻科福祉専攻は、介護福祉士の養成を目的とするもので、修業年限は1年間です。
幼児教育コース・福祉コースのどちらを卒業しても保育士資格取得を条件に進むことができます。
● 選抜方法は、1・2年次の成績、志望理由書、口頭試問及び面接の総合判定となります。定員は35 名。
● 専攻科福祉専攻には2年次生以外に、保育士資格を有する本学卒業生、他短大・養成施設での資格取得者も出願できます。
● 専攻科福祉専攻では、学内での講義・演習のほか、延べ6 週間にわたり実習を行います。

専任教員
荒木 隆俊 [教授]
介護の基本Ⅰ・Ⅳ・Ⅴ、生活支援技術Ⅰ、
コミュニケーション技術Ⅱ
介護過程Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、介護総合演習Ⅰ・Ⅱ、
介護実習Ⅰ-①・Ⅰ-②・Ⅱ 、認知症の理解、
社会福祉演習
松田 水月[准教授]
生活支援技術Ⅰ、介護過程Ⅱ・Ⅲ、
介護総合演習Ⅰ・Ⅱ、こころとからだⅠ・Ⅱ
医療的ケアⅠ・Ⅱ、介護の基本Ⅴ
介護実習Ⅰ-①・Ⅰ-②・Ⅱ、認知症の理解、
社会福祉演習
宮地 康子[講師]
生活支援技術Ⅰ・Ⅴ、介護過程Ⅱ・Ⅲ、
介護総合演習Ⅰ・Ⅱ、発達と老化の理解、
医療的ケアⅠ・Ⅱ、介護の基本Ⅴ
介護実習Ⅰ-①・Ⅰ-②・Ⅱ 、認知症の理解、
社会福祉演習
伊藤 和雄[講師]
介護の基本Ⅱ・Ⅴ、介護保険制度と
障害者自立支援制度、障害の理解、
社会福祉演習、介護実習Ⅰ-①・Ⅰ-②・Ⅱ

非常勤講師
柴田 哲也/介護の基本Ⅲ  
重吉 正文/コミュニケーション技術Ⅰ
髙橋 麻紀/コミュニケーション技術Ⅰ
安喰  功/生活支援技術Ⅱ
阿部 伸一/生活支援技術Ⅲ
楠本 健二/生活支援技術Ⅳ
鈴木 寿美/生活支援技術Ⅵ
黄木 信子/生活支援技術Ⅶ
山本 清智/介護過程Ⅱ
鈴木 春香/介護過程Ⅱ
実習内容

● 介護実習Ⅰ-①(12 日間)
● 介護実習Ⅰ-②(5日間)
●介護実習Ⅱ(20 日間)
特別養護老人ホーム
通所介護事業所
障がい者支援施設
訪問介護事業所
介護老人保健施設
小規模多機能型
居宅介護事業所
取得資格

● 介護福祉士
国家試験受験資格
● 社会福祉主事任用資格
先輩メッセージ

鈴 木 大 悟
専攻科福祉専攻
山形県立左沢高等学校出身

本学の魅力としてピアノレッスン室や図書館などの充実した設備はもちろんのことですが、私は本学にいる学生や先生方の人柄を推しています。親身になってサポートしてくれる先生方や、温かいクラスの仲間と共に、福祉の理解を深め探求する姿勢は本学ならではの魅力だと思います。

森  光 希
専攻科福祉専攻
山形県立天童高等学校出身

介護実習で、失語症の方と関わる機会がありました。私は、人と関わることが好きですが、失語症の方と上手く会話をすることが出来ず、自分のコミュニケーション能力が足りないことに気づきました。相手の心身の状況に応じた介護の重要さを学び、柔軟に考えられるようになりました。
➡保護者の方
 →施設案内
 →授業料
 →奨学金

➡地域の方
 →地域連携(公開講座等)
 →講習会
 →羽陽祭